痛む前からの腰痛予防 腰痛と膝の痛みの悩み、あなたの悩みは解消できます。

2009年08月25日

痛む前からの腰痛予防

腰痛ってつらいものです。腰痛対策をして毎日快適に過ごしたいものですが、そもそも腰痛の対策はどのようにすればよいのでしょう?腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。腰痛の原因として多いのは、腰を支える骨筋肉の故障ですが、それ以外にも内臓疾患によるもの、さらに精神的なストレスも腰痛の原因になるのです。老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。内臓の病気から来る腰痛の場合、中には深刻な疾患があることもあるので、早めに専門医で診断・治療をしてもらう必要があります。特に痛みの箇所がはっきりしないことがあるので、注意が必要です。また、腰痛は姿勢も大きな原因になるのですが、レントゲンなどの画像診断で異常が見つからない慢性腰痛は、姿勢不良と、それに伴う筋や関節の機能不全が原因である場合が多いのです。人間が同じ姿勢を保つ筋肉というのは、30分しか持たないそうです。それ以上になると、体を痛めてしまいます。長い時間イスに座っての仕事も最初は姿勢を正していても、徐々に腰が曲がったり頭が前に倒れて腰に負担がかかったりするようになります。そして、寝ている時の姿勢も腰痛対策としてははずせません。基本的にはリラックスできる姿勢で良いのですが、腰に負担がかかるのでうつ伏せで寝ることだけは避けてください。さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。実を言うと、肥満気味の人は減量をすることで腰痛が治ることもあります。肥満気味の場合は、普段から腰にかかる負担が多いので、それを減らしてあげるだけで改善するのです。猫背や背骨のゆがみは腰痛を起こしやすいので、ストレッチを習慣的に取り入れて凝り固まった体を伸ばしてあげましょう。背筋を伸ばすことで本来の背骨に補正して腰痛も防ぐことができます。ストレスが原因の腰痛は、自律神経の乱れにより、交感神経と副交感神経のバランスがくずれることから起こります。日ごろの生活習慣を見直したり、運動をこころがけ、あまり症状がひどい場合にはカウンセリングを受けたりすることも検討してみましょう。


腰痛の為、整体へ - wixの日記
後から腰にきた。また、走り方を変える…を筋肉の疲労からのチェックも込めて整体へ。自己評価。上半身は死亡部位多し。首に力が入りすぎ、腕はだるさが抜けない。下半身は脚の前側に疲労あり、後ろは筋肉痛一歩手前。他、お尻、脹ら脛は押されると痛い。......


よくある相談1112・・・・よくある腰痛 ぎっくり腰 - 時空研ブログ
2009-08-16よくある相談1112・・・・よくある腰痛ぎっくり腰.murakoujin2009-08-16.今年一番の青空.さわやか.秋めいた風が吹いて.最高の散歩.・・・・・・.・.こんな日が年一回.ミンミンが啼き出した.アーオーうーエーイー......


posted by 腰痛 解消 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126448378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。