腰痛の予防法を考える 腰痛と膝の痛みの悩み、あなたの悩みは解消できます。

2009年08月18日

腰痛の予防法を考える

腰痛対策も間違った知識で行なうと、かえって腰痛を悪化させてしまうこともあります。普段の生活で出来る腰痛対策もたくさんあるので、上手に取り入れたいものです。腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。最近では、精神的なストレスが原因で腰痛が起こることもわかっていますし、それ以外にも一般的なのは背骨に原因がある腰痛、そして内臓に疾患がある場合もあります。背骨に原因がある腰痛の中でも、中年以上に起こりやすいのは変形性脊椎症といって、脊椎の軟骨がすりへったり硬くなったりすると関節同士がうまく合わなくなって痛みを生じます。腎臓、膀胱などの泌尿器系や、精巣、卵巣などの生殖器系の内科的疾患から来る腰痛は、腰のくびれより上と骨盤に痛みが出ることが多いようです。女性の場合、生理から来る腰痛もありますが、下腹部の不快感や下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合、月経困難症と呼ばれます。思春期の少女に多く見られ、加齢とともに症状が改善されます。1日の内でイスに座っている時間が長い人は注意が必要です。あまり柔らかいクッションのイスは腰が沈んで負担がかかるので避けてください。また、20〜30分ごとに立ち上がって腰を動かす運動をする様に心がけます。そして寝るときの姿勢ですが、できるだけ横向きで少し体をエビの様に曲げるのが一般的には良いと言われています。腰に負担をかけるので、うつ伏せで寝るのだけは避けてください。さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。また、太り気味の人はダイエットをして体重を減らすだけで腰痛を改善できることも多いのです。肥満は、それだけで腰に負担がかかりますから腰痛の敵といえます。時々背筋を思い切り伸ばしてあげることも腰痛対策として取り入れたい習慣ですね。ストレッチは全身の血行を促進しますが、ポイントは無理をせずに気持ちがいい状態で行なうことです。ストレスによる腰痛は、デスクワーク中心の管理者に多いのが特徴です。心因性の腰痛の場合は、カウンセリングを受けてみるもの有効です。


HideBlo 腰痛 今度は・・・
腰痛今度は・・・·2009/08/12(Wed).今度は美代子が腰痛になりました今回は結構ひどいみたいですちょっと心配ですが最近お客様でも腰痛の方が多い気がしますそんな季節なんでしょうかね〜わたしはだいぶ良くなりました......


腰痛で動けず:うつ病と闘病中の薬剤師:So-net blog
うつ病を発症し5年目に突入。苦しみ悩みながら社会復帰を果たし現在奮闘中。経験を生かして色々なアドバイスが出来ればと考えています。...


posted by 腰痛 解消 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。